かっこよすぎる!!感動!!エアロスミスのスティーブン・タイラーが起こした奇跡の感動秘話!!

それは2015年、
モスクワで起きた。

ライブでロシアにいたエアロスミス。
ライブを前日に控え、観光でも楽しんでいたのでしょうか、
スティーブン・タイラーが街を変装もせず歩いていると、
一人の青年がギターとマイクで路上パフォーマンスをしていたのを見つける。
彼が歌っていたのは、エアロスミスの大ヒット曲。
日本でも大ヒットを記録した、
映画「アルマゲドン」(1998年公開)の、
主題歌「I Don’t Want to Miss a Thing」

すると、スティーブンがあり得ない行動に出る。

なんと、歌っている青年に近づいていったのです!
私は、まさか!!嘘でしょ!と思いましたが、
スティーブンは、ここは俺が歌うしかないだろ!という顔で、
青年の真横に行き、
かぶっていた帽子を取り、
マイクを取り、一緒に歌いだしたのです。

呆然としながらも演奏を続ける青年、。
彼はきっと「いったい何が起きているんだ!」
訳が分からなかったんだと思います。
目が点になっていましたから。、

それはそうです。
本物が横にいますからね!

青年の周りにいた観客も
突然のことに、大盛り上がり

かっこいい!!
粋だ!
これぞスーパースター!!

いつなくなるかわからない動画なので是非!見てください!!

https://www.nicovideo.jp/watch/sm32117654

本家のMVです。
やっぱ名曲ですね!

目次

Aerosmith 

Aerosmith Member

Steven Tyler/スティーブン・タイラー(Vocal)
Joe Perry/ジョー・ペリー(Guiter)
Brad Whitford/ブラッド・フォード(Guiter)
Tom Hamilton/トム・ハミルトン(Bass)
Joey Karame/ジョーイ・クレイマー(Drums)

1973年デビュー、これはクィーンと同じ年。
意外かもしれないが、エアロスミスとクィーンは言わば同期。
もっと言うならば、1973年にはKISSもデビューしている。
エアロスミス、クィーン、KISSは当時、3大バンドして日本でかなりの人気があった。

デビューアルバムは、1973年「野獣誕生(Aerosmith)」
また、別記事にしてみようかと思いますが、
当時の海外アーティストの邦題は、ある意味シュールで、ある意味チョーが付くほどダサい。
ちなみにクィーンのデビューアルバムの邦題は「戦慄の王女」、KISSは「キッス・ファースト 地獄からの使者」。

当時はまだ、レッド・ツェッペリンとディープ・パープルを、
筆頭にハードロックなるジャンルに、
飛び込んだ、若手である。

大人には、あまり受け入れらず、
アメリカではティーンエイにはそこそこの人気ぐらいで、
クイーンもそうだが、言ってみればお子ちゃまに人気のバンドという感じだった。

そんな彼らも、3rdアルバム「闇夜のヘヴィロック」からのシングル、
「Walk This Way」が全米10位を記録し、
やっと日の目を浴びる。

その後、ギターのジョー・ペリーの一時脱退など、
やや不遇の時代があったものの
オリジナルメンバーで第一線で活躍する、数少ないバンドである。

個人的には、5枚目のアルバム「Draw the Line」が一番のお気に入り。

Steven Tyler・スティーブン・タイラー

気が付けば、スティーブン・タイラーも、今年(2020年)で72歳になる。
それでも、第一線で活躍し続けている。
今年(2020年)のグラミー賞ではスペシャルゲストとして出演し、「Walk This Way」など2曲を
演奏し、まだまだ現役だぞ!というところを見せている。

日本通でも知られていて、たい焼きとポンジュースが大好きである。
また、近い将来、彼のライブパフォーマンスを見てみたいものです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる