K-POPを知り尽くすNICE73さんが選ぶ、21世紀K-POP珠玉のDance Music&Vocalist

K-POPを知り尽くす音楽クリエーターのNICE73さんに、今回K-POPのダンスミュージックベスト3(男女別)とヴォーカリスト(男女別)を選んでいただきました。
ご自身も韓国でデビュー経験をお持ちで、現在はK-POPイベントのMC、作詞、作曲、K-POPの訳詞、ボーカルディレクションまでこなすマルチクリエーターのNICE73さん。
さて、誰が入ったのでしょうか?

目次

NICE73(ナイスナナサン)Profile

NICE73(ナイスナナサン)
中学より⽗の勧めで勉強を始めた韓国語を駆使し、韓国へ留学。2005年当時は⽇本⼈歌⼿が珍しい中ソロ歌⼿として”フノニ“という楽曲で韓国デビューを果たした。
⽇本に帰国後、K-POPが⽇本での旋⾵を巻き起こす中
K-POP楽曲の⽇本語訳詞や⽇本オリジナル楽曲の作詞、作曲、アーティスト
へのボーカルディレクションなど、⽇本におけるK-POPの浸透と発展に貢献
する活動をするようになる。
明るいキャラクターと流暢な韓国語、⽇本語⇄韓国語の通訳を⼀⼈でこなしながら
MCをするという特技を活かし韓国関連各種イベントでMCを務めるように。
近年はテレビのナレーション、レコーディング時のボーカルディレクション、
楽曲提供、K-POPイベントMC、韓国語講師として多岐にわたる活動を続けている。
さらに2016年からは「三々五々に、問う」名義でアーティストとしての作品制作ライブ活動を再開した

SoNy Music Publishing

NICE73 Works

<Radio>
InterFM897 「casaricotoradio」DJ
https://www.interfm.co.jp/casaricoto

<Net>
Real Sound Music
「NICE73のNICEなK-POP講座」
https://www.youtube.com/watch?v=UYboOfXjNtE

<MC>
2019年3⽉ ハソンウンソロ初ファンミーテングMC
2019年5⽉ KAIxLEO(VIXX) ミュージカルコンサートMC
2019年5⽉17~19⽇「KCON Japan 2019」 @幕張メッセ meet&greet ステージMC
etc

<作詞・作曲・訳詞>
KARA 3rd single/1st albaum 中「Whisper」作詞、コーラス
2PM 4th single「Beautiful」「君がいれば」Rap歌詞
OH MY GIRL 「Japan 1st DEBUT ALBUM」「Japan 2nd ALBUM」「Japan 3rd Al|LBUM」コーラス、ボーカルデイレクション
etc

今回、選ぶにあたっていろいろと考えさせていただきました。ここ30年で韓国の音楽は劇的に変わったと思います。世界で活躍するアーティストがたくさん出て来ましたし。私は今が一番、音楽として面白いと思っています。そういう意味合いも含めて、選ばせて頂きました。。

K-POP Girls Group Dance Music Best3

2015年f(x)「4 Walls」

LDN Noise(ロンドンノイズ)が参加した楽曲です。SMの創始者である李 秀満(イ・スマン)さんが、2000年代の始め頃から、ヨーロッパ特に北欧のアーティストに注目し彼らが作った楽曲をSMアーティストが歌う試みを行ってきました。その結果英国のプロデュースチームであるLDN NoiseがKPOPフィールドに参入することとなりました。
「4Walls」以前のf(x)の曲もとてもカッコ良いものが多かったのですが、どことなく同じ事務所の先輩少女時代の流れを感じ取れる曲が多い印象でした。このアルバム(4 Walls – The 4th Album)とその前のアルバム(Pink Tape’ f(x) The 2nd Album)なんかは「世界でも受ける〜!」と感じました。

f(x) (에프엑스、エプエクス)は、韓国の5人組女性アイドルグループ。2009年9月5日に所属事務所のSMエンターティンメントからデビューした。グループ名 f(x) は数学の関数に由来し、x の値により結果が変わる関数 f(x) のように、メンバーの多様な才能と魅力により多彩な活動を広げるという意味が込められている。またfが花を意味する英語の「flower」、xが女性染色体のXを表している。独特の音楽性を持つ楽曲と奇抜なファッションが特徴。2015年8月7日、SMエンターテインメントがソルリの脱退を公式発表した。

ウィキペディア(Wikipedia)

2014年Red Velvet「Happiness」

Red VelvetもSM所属アーティストで彼女たちのデビュー曲です。この曲はEDMのジャングルというジャンルの曲なんですが、まだEDMの中でそのジャンルがちゃんと確立されたかされてないか位の時期に、この曲で彼女たちがデビューしました。あまりにも衝撃的でかっこ良すぎました。この曲のトップライン(メロディ)はAnne Judith Wikという作家さんが作っているのですが(正確にはコライト曲なので彼女だけが作ったというわけではないでしょうが)彼女は少女時代の多くの楽曲も手がけていて、現在のK-POPガールズグループのメロディー構成の基礎を作り出したといっても過言ではないと思っています。

Red Velvet(レッドベルベット、레드벨벳)は、混獲の5人組女性アイドルグループである。所属事務所はSMエンターティンメント。SMルーキーズの一員で、2014年8月4日にデジタルシングル「행복 (Happiness)」でデビュー。Red Velvetというグループ名は「強烈で魅惑的な色である赤(レッド)と、女性らしくて柔らかいイメージのベルベットのように、色があり洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了する」という意味が込められている。Red Velvetは先輩グループである少女時代の大衆性とf(X) の実験性の中間のコンセプトを持つとされる。公式ファンクラブ名は「ReVeluv レベラブ (레베럽)」であり、互いに大切にして愛する仲になろうという意味が込められている。

ウィキペディア(Wikipedia)

2015年 OH MY GIRL「CLOSER」

OH MY GIRLはデビュー時から、少女時代やf(X)に通じるようなトップラインの曲を出していたのですが、この曲で、ミドルテンポでもこんなにかっこよくスタイリッシュなメロディーが韓国語でも表現出来るということをある意味証明した曲かなと思っています。オマゴルちゃんが好きすぎて、好き目線もちょっと入ってるかもしれません。(笑)

OH MY GIRL(オーマイガール、오마이걸)は韓国の女性アイドルグループ。2015年デビュー。WMエンターティンメント所属。グループ名には「大衆のマイ・ガールになりたい」という意味が込められている。日本での愛称は「おまごる」

ウィキペディア(Wikipedia)

K-POP Boys Group Dance Music Best3

2012年 SHINee「Sherlock」

2015年のLDN Noise(ロンドンノイズ)が作った「View」と迷ったのですが、、この曲も凄くかっこいいんですよね。この頃はYG「BIGBANG」のスタイルが全盛で、新しく出てくるボーイズグループはどちらかというと「BIGBANG」を意識した曲を出すことが多かった中、SHINeeはBIGBANGとは違うカラーを出して台頭していたという印象がありましたしステージでのダンスパフォーマンスも素晴らしかったです。

SHINee(シャイニー、샤이니)は、2008年5月にSMエンターティンメントからデビューした韓国の男性アイドルグループである。日本では、2011年6月にEMIミュージックジャパン(現ユニバーサルミュージック)からデビューしている。

ウィキペディア(Wikipedia)

2013年 BTS「NO MORE DREAM」

この曲と2012年のSHINee「Sherlock」でK-POPが大きく動いたと思っています。世界で通用する音楽を作るというメッセージがはっきりしていましたし、事実欧米での知名度が確実に上がっていたので。(もちろんそれ以前から活躍していたBIGBANGの影響がすごく大きかったと思いますが…。BIGBANGは2011年GD&TOPでアメリカのDJ,プロデユーサーであるDiploがプロデユースした楽曲“KnockOut”をリリース。個人的にとても驚きました。)
以前のKPOPはどこか“アジアっぽさ“から抜け切れず欧米で勝負するには、もう一段ギアを上げていかないといけない感じがしていたのですが、男子グループで言うとBIGBANG、SHINee、BTSでその壁を破っていった印象です。
BTSの曲は歌詞にメッセージ性が強いことで有名ですよね。「NO MORE DREAM」では「学校って何の意味があるの?」「君の夢は何なの?」「お母さんに言われていることがすべてなの?」と歌っており社会に投げかける歌詞ってソテジワアイドゥル以降久しぶりじゃないかなぁと感じたことを覚えています。メンバーは当時16〜21歳という若い年齢で、すでに完成されたステージパフォーマンスをしていましたから、韓国の若い世代は熱狂したと思います。とても運が良く私はBTSのデビューステージを見ることができたのですが、その時「あ、この人たちがK-POPの次の扉を開くんだな。」と強く感じましたし鳥肌が止まらなかったことを覚えています。

BTS(ビーティーエス)、かつての名称では、防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん、방탄소년단、:防彈少年團)は、2013年6月13日にデビューした韓国の男性ヒップホップグループである。所属事務所はBigHitエンターティンメント。2018年に韓流や韓国語の普及に貢献した功績があるとして、韓国政府から史上最年少で花冠文化勲章を受章した。もともと防弾少年団としてデビューし、当初から「BTS」の略称も用いていたが、2017年以降「BTS」の名前での活動が広がった。ファンは「ARMY(アーミー)」と称される。

ウィキペディア(Wikipedia)

2019年 Stray Kids 「부작용(Side Effects)」

Stray Kidsは2017年のデビュー時からサバイバル番組の影響もありある程度の人気はあった方だと思います。いい意味で普通の男子グループの印象だったのですが、個人的には2018年ぐらいから覚醒しだした印象です。トラックがめちゃくちゃかっこよくてアイドルっぽくないない。歌詞の発想がとにかく素晴らしくて面白い。
最新リリースは「GO生」というアルバムなのですが、タイトル曲は「僕たちの鍋、鍋、鍋」って歌っている鍋ソングなんです。国内人気はまだ爆発的ではありませんが、BTSに続いて彼らが何か起こしてくれるんじゃないかと期待しています。

Stray Kids(ストレイキッズ、스트레이 키즈)はMnetのサバイバル番組「Stray Kids」を通じて選抜され、2018年3月25日にデビューしたJYPエンターテインメント所属の韓国のボーイズグループである。

ウィキペディア(Wikipedia)

K-POP Vocalist(Women) Best3

ソン・ガイン(Ga In Song)

彼女はトロット歌手です。トロットとは日本でいう演歌です。韓国は今トロットブームなんです。そのブームを作ったのが『ミス・トロット』というテレビ番組なのですが、その番組の最初のシーズンで優勝したのがソン・ガインです。お母さんは、韓国で有名なパンソリ(日本でいう民謡みたいなもの)歌手、DNAってすごいなぁと感じさせる声量と素晴らしい声質と豊かな表現力。歌がとにかく上手いです。

ソン・ガイン(1986年12月26日生まれ)、韓国のトロット歌手。2012年デビュー。2019年のリアリティテレビ番組『ミス・トロット』の優勝者。母親は、韓国の「無形文化財」の1つに分類されるシャーマンのエクソシズムの儀式である神道シットギグムトを教えている。兄は韓国の伝統音楽グループのバラジのメンバー。中学生の頃から伝統的なパンソリ歌い始め、大学では韓国の伝統音楽を専攻。

ウィキペディア(Wikipedia)

Ailee(エイリー)

彼女は韓国のビヨンセと言われています。すごくパワフルな歌声を持つ人です。先日まで「Good Girl」という女性アーティストがコラボして対戦相手チームとステージで競うという番組があったんですけど、そこで信じられないレベルの歌唱力を魅せていて、レベルが違うなって感じてしまいましたね。とにかくパワフルボーカル。

Ailee(エイリー、에일리、1989年5月30日 -)は韓国で活躍する韓国系アメリカ人歌手。
K-POPデビューの前に、アメリカのMuzo Entertainmentの下で音楽活動をしていた。2010年に韓国に移り、オーディションに合格し、YMCエンターテインメントのアーティストになる。2012年、KBSドラマシリーズのドリームハイ2に出演。また、韓国でメロンミュージックアワード、ゴールデンディスクアワード、ガオンチャートK-POPアワード、ソウルミュージックアワードで、新人賞を受賞。彼女はまた、「U&I」「Singing Got Better」、「M&A」のMnet Asian Music Awardsでも、Best New Artist AwardおよびFour Best Female Vocal Performance Awardを受賞しています。

ウィキペディア(Wikipedia)

15&(フィフティーエンド)

NiziUで話題になったJYPエンターテインメント。そんなJYP所属の2人組ガールズグループです。パク・ジミン、ペク・イェリンの二人ですが、今はもう解散してJYPを出てそれぞれソロでやっています。一言で天才少女2人組でした。15歳のデビュー当時からテクニックだけでなく、表現力も素晴らしくて感動して彼女たちの動画を何度も見たのを覚えています。

15& (:피 프 틴 앤 드、フィフティーン)によって形成された韓国デュオたJYPエンターティンメント2012年にパク・ジミンとペク・イェリンの二人組でデビュー。名前はデビュー時の年齢である「15」を意味し、「15&」の「&」は彼らが将来成功することができることを意味します。2012年10月5日にデビューシングル「Iドリーム」でデビューし、リリース。2015年2月に始まった4年間の活動休止の後、グループは事実上、2019年にJYPエンターテインメントとの両方のメンバーの契約が終了すると発表された。 

ウィキペディア(Wikipedia)

K-POP Vocalist(men) Best3

キム・ボムス(Kim Bum Soo)

大ヒットドラマ『天国の階段』の主題歌「ポゴシプタ〜逢いたい」を歌ってる方ですね。最近でもドラマのサウンドラックに参加しています。Aileeも出演した「The Call」という番組にも出ていて、彼女ともコラボしてます。彼の歌の凄いところはいつになっても歌が色褪せないところです。現役で活躍するアイドルの多くが一度は金ボムスさんの曲で彼のテクニックや歌心を勉強したと思います。教科書になりつつある彼の歌唱は、それで留まるのではなく常に進化しています。そんなところが素晴らしいアーティーストであると感じる部分です。

キム・ボムス(金範洙、1979年7月26日  )は、韓国の男性歌手。
北米の音楽チャートに登場した最初の韓国人歌手で、代表曲はドラマ『天国への階段』 の挿入曲「ポゴシプタ〜逢いたい」。なめらかな伸びのある歌声と、心に訴えかけるようなバラードの高い歌唱力で知られる。

ウィキペディア(Wikipedia)

DEAN(ディーン)

ひたすら歌が上手いです。その一言です。テクニックが半端じゃないですね。かといってテクニックに走るだけではなく、ある時は切なくある時はセクシーにという声の多面性もある。そしてどんな表情の時でも彼の声は心地よさを与えてくれます。個人的に感じるのはあの声とあのテクニックを持っているヴォーカリストは世界的にみてもなかなかいないんじゃないかなと思うほど素晴らしいと思っています。

DEAN( 1992年11月10日生まれ)は、韓国の男性シンガーソングライター。ステージネームのDEANは俳優のジェームズ・ディーンから取ったもの。2016年3月25日に「EP130Mood:TRBL」でデビューアルバムを発売。このアルバムはアメリカのiTunesチャートK-POP部門で1位を記録.。2017年、韓国のラップコンペティションのテレビ番組「ショーミーザマネー6」プロデューサーの1人として出演。

ウィキペディア(Wikipedia)

チョ・ヨンピル(Cho Yong-pil)

レジェンドです。演歌のイメージが強いと思うのですが、2013年に出した「Hello」というアルバムは、外国人作家を起用したポップアルバムなんです。とても若い歌唱法をしていて古臭さなど一切なく本当に驚きました。彼は1982年に日本でもデビューし「釜山港へ帰れ」が大ヒットしました。当時は演歌が流行っていたから演歌を歌っていただけで、ちゃんと時代に合わせてどんな楽曲でも歌いこなせるスーパーボーカリストなんですよね。

チョー・ヨンピル( 趙 容弼、1950年3月21日 生まれ)韓国のポップミュージックで最も影響力のある人物の1人と見なされている韓国のポップシンガー。彼は1968年にロックバンドAtkinsのメンバーとしてデビューし、1976年にヒットシングル「釜山港に帰れ」でソロデビューを果たしました。この曲はでは渥美二郎がカバー歌唱したものが有名である。

ウィキペディア(Wikipedia)

K-POPって、面白い!

日本では今、BTSはもちろんSEVENTEEN、TWICE、BLACK PINK、IZ*ONEの人気の高さから、第三次韓流ブームと言われています。しかし、少女時代やKARAが日本中で大ブレイクしていた第二次韓流ブームの時よりアーティストやアイドルが日本のメディアに出ることが減り、知ってる人と知らない人の温度差が大きいいのも事実です。
それを、覆したのがNiziUです。

NiziUをきっかけに新たなK-POPファンが増え、今K-POPの最前線で活躍するアーティストやアイドルがファンを増やしていくことはとても良いことだなぁと感じます。

そして今後NiziU、Jo1をきっかけに韓国人作家✖日本人アーティストという形での楽曲制作が増えることも予想され、益々KPOP、JPOPから目が離せないなと思っています。

今回、NICE73さんが選んでくれたアーティストは、まだ日本での知名度が低いですが実力のあるアーティストがたくさんいました。ほんと、K-POPの奥の深さを実感できました。

みなさんもこの記事をきっかけに、いろんなK-POPアーティストを探してみてくださいね!
きっと、「これいい!!」というアテーティストに出会えるはずです。

NICE73 Link

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる