MISIA・ゴスペラーズ・倖田來未・西野カナ・リトグリ・少女時代・TWICE・GOT7・TXT・etcに楽曲提供をしているスーパーアーティストは日本人の女性シンガーソングライターだった!!Mayu Wakisaka interview Part2

(この記事は緊急事態宣言前に取材したものです)

人が一生の間に聞ける曲なんで本当にわずかだと思います。
その中でいい曲だなと思える曲もそんなに多くないはず、
でもそんな”いい楽曲”を数多く手がけている凄いアーティスト、
それが、Mayu Wakisaka

一体彼女は何者なのか?

彼女が携わった楽曲、約70曲以上、
そのうち、MVとしてYouTubeにアップされている楽曲の
総再生回数は5億越え
1億を超える再生回数の楽曲が何曲もある!
これほどの数字を叩き出しているのだから、
彼女がトップクリエイターであることは、間違いない

J-POPのトップアーティストはもちろん。
K-POPのトップオブトップのアーティストがずらりと並ぶ。

もちろん、K-POPファンなら、彼女のことを知っている人は多いかもしれないが、
しかし、K-POPを聴かない人には、聞き覚えのない人もいるかもしれない、
そういう人には、これを機会にぜひ彼女の名前を覚えてほしい。

Mayu Wakisakaという名前を・・・

今回、彼女とお会いする機会があり、インタビューをさせて頂いいた。
一体、Mayu Wakisakaとはどんなクリエイターなのか・・・
90分近くに及ぶ、ロングインタビュー。
ぜひ、Part1、Part2とも読んで頂ければ。
彼女はいったい何者なのか!?
謎めいている核心に迫ります!

目次

Mayu Wakisaka – profile

Mayu Wakisaka

脇坂真由(Wakisaka Mayu)

大阪生まれ、京都大学法学部卒。

在学中から精力的に音楽活動を行い、大阪市立大学ロースクールを中退し、単身渡米。

奨学生としてLA Music Academyで学ぶ傍ら、在学中にセルフ•プロデュースアルバム”Stars Won’t Fall”より、オリジナル曲”24 hours”

Walkmanデフォルト曲に選ばれ、世界中でファンを獲得。続くEP “Into the Wild”からも”Fall”が新たにWALKMANに収録される。また、2011年に拠点を日本に移しつつも、International Acoustic Music Award1位、など英米豪のソングライティングコンテストで、優勝、入賞を果たすなど、海外からの評価も高い。2014年には日本初のアルバム”Halfway to You”リリース。同アルバムから、シンガポールでは国営放送のテレビドラマのサブテーマソングに”What I See in Love”が起用される。アメリカの音楽フェスSXSW出演や、イギリスThe Great Escape,アジア公演、韓国、シンガポールでの公演、CDのリリースなども注目のシンガーソングライター。

official HP
TXT CROWN

主なクリエイターとしての楽曲提供

  • 2015年 MissA(K-POP) Love Song/作曲
  • 2015年 TWICE(K-POP) Like A Fool/作曲
  • 2016年 Apink(K-POP) Drummer Boy/作曲
  • 2017年 TWICE(K-POP) KNOCK KNOCK /作詞・作曲
  • 2017年 OH MY GIRL(K-POP) Real World /作詞・作曲
  • 2017年 少女時代(K-POP)  Love Is Bitter /作曲
  • 2017年 JY(K-POP) Goldmine /作詞・作曲   
  • 2017年 GOT7(K-POP) Face /作曲
  • 2017年 西野カナ(J-POP) Happy Time /作詞・作曲
  • 2017年 MISIA(J-POP) 君のそばにいるよ/作曲
  • 2018年 OH MY GIRL(K-POP) 비밀정원 (Secret Garden) /作曲
  • 2018年 TWICE(K-POP) Candy Pop /作詞・作曲
  • 2018年 MAMAMOO(K-POP) Bomta (봄타) /作曲
  • 2018年 Apink(K-POP) 말보다 너 (Promise me) /作曲
  • 2018年 TWICE(K-POP) Shot thru the heart /作曲
  • 2018年 Hey! Say! JUMP(J-POP) One & One Makes Two /作曲
  • 2018年 倖田來未(J-POP) ScREaM /作曲
  • 2018年 OH MY GIRL(K-POP) Illusion /作曲
  • 2018年 TWICE(K-POP) Say it again /作曲
  • 2018年 ゴスペラーズ (J-POP) Sweetest Angel /作曲
  • 2018年  GOT7(K-POP) Take Me To You /作曲
  • 2019年  ハンスンヨン (K-POP) What Is Your Name /作曲
  • 2019年 TWICE(K-POP) What You Waiting For /作曲
  • 2019年 TXT(K-POP) Crown /作詞・作曲
  • 2020年 Little Glee Monster (J-POP) Symphony /作詞・作曲
ゴスペラーズ 『Sweetest Angel』lyric video

Mayu Wakisaka – interview Part2

楽曲提供する上で、影響を受けたアーティストとかいます?

学生時代、ロックスターになりたいという漠然とした夢はあったのですが、
社会批判を歌詞に乗せて、音楽をするほど
社会に対して、何か、自分の中で世間に届けたいものがなかったので

それよりも、個性も出しつつ、理性的な音楽をやりたいな思っていたところがありました。

その点でロールモデルというかとても自分がリスペクトしているRyan Tedder
という人がいるのですが、彼は、作曲家として自分のバンド以外に、楽曲提供もしていているんです

供すその曲作りが、彼らしい曲ももちろんあるのですが
楽曲提るアーティストやバンドが、コライト(共同制作)
することで、楽曲提供するアーティストやバンドが
より生きてくるような曲作りや
ちょっと、今までと違う音楽の方向性の曲であっても
そのアーティストやバンドの良さが消えない
曲作りをしているんですよね。

Jonas Brothersだったら
Jonas Brothersが一番よく見える感じで作っているんだろうな
5 Seconds of Summerだったら
このバンドがこれよりももっと、もうちょっと違うイメージににして
でも、そのバンドの色を失わないように導いているんだろうなとすごく感じられるんです。
また、彼自身のプロジェクトでOneRepublicというバンドもあって、
凄く良質なポップロックをやっているいいバンドだと思ってて
そういったところのバランス感が憧れだったりしますね。

OneRepublic Didn’t I

音楽のルーツがないことを強みに変える発想

初めから、グローバルなところで仕事をしようと思っていたのですか?

そうですね。
学生時代から、やりたいなー、仕事したいなーと思っていたのは、
USのPOP業界で、
流行りものが好きっていうのは学生の頃からあって、
例えば、タワレコの年間売り上げTOP50を見たら
そのうち「30枚ぐらいは買ってるな~」みたいな学生でした。

たぶん、流行りものが好きなんです、元々。

で、音楽性に関しては、流行りものが好きっていうのもあるし
同時に、悲しいかなルーツっていうのがないんですね
日本人だから・・・

ルーツがない・・なんとなく言いたいことはわかる気がします

親が子供の頃から農場で育ってて
カントリーやらせたら一番みたいなとか、
ブルースギター弾かせたら15歳なのに
凄いんだよねーみたいなとか、
喋ったらラップみたいなとか、
全く、そういう育ちはないんで

ルーツが全くない分
ある意味どんなジャンルに対しても抵抗がない

ただのミーハーです(笑)

研究好きっていうのはあるよね?(MayuさんSTAFF)

それはそうかも
調べないと・・・わからないこと、身につかないことが多いですからね。
ある意味、日本人だからこそしないといけない努力というのが
残念ながら確実にあって、
それは、アメリカの音楽学校に留学したときに痛感したんですけど、

同級生の10倍ぐらい練習しても
一音、口を開いた瞬間に
同級生の方が声質が良くて
同級生の方が人の注意を引くってことは、多々あるんですよね。

アメリカで鍛えた発声とグローバル視点で見る音楽マーケティング

でも、「24hours」聞いてたら、Mayuさんの声質はアジアっぽくない気がしますよ

言語とか声質、発声もあるし、そうですね。
楽曲を作りだした要因でもあるんですが、
カバーをして
例えばAretha Franklinが課題曲となった時に
ものすごく、人種の壁とか声質の壁とかって出てくるんですよね。

そうなった時に、オリジナル曲さえ書いていれば
比べられないというのが逃げ道でもあったんです

“24hours”が上手くいった理由のひとつとして
歌詞の簡素化っていうのをすごく心掛けて

当時、深いことを書いたら、やっぱり、アメリカ人にかなわないんですよね。
だけど、すごく、シンプルなことを書くんだったら、伝わる自信はあったし、
よくよく考えてみたら、スウェーデン人もドイツ人も英語で書いてるわけだし
歌詞をシンプルにっていうことに拘りましたね。

その辺りはアメリカに行って気づいたことですか?

そうですね。
アメリカに行ってわかったことってすごく多くて
行かないと、わからないことって
やっぱりすごく、多いです。
みんながみんな、困って努力しているのがアメリカってイメージがあって
アメリカ人でさえ、アメリカのマーケットに入り込むことって難しいから
みんながみんなそれぞれの強みを生かして努力をしている。
アメリカで学んだのは、
その中で自分をどうするかってことですね。

アメリカで声がいいだけだと
もう、ほぼ意味ないんです。
声のいい人は、いっぱいいるから。
なので、自分にできることは何かっていうことを考えることが癖になったのは
アメリカに行ってからです。

さっき「自分を俯瞰で見れる」って言って頂きましたけど、そういうことじゃないかなと思います。

K-POPが世界の中で今のポジションを築けたのは、その辺りが関係してると思います?

K-POPが人気が出たのはいくつかの要因があると思うのですが
そのひとつに
私がK-POPを書きやすかった理由でもあるんですが
K-POPは韓国人じゃなくても、好きになれる音楽を求めてるから
私が韓国語がわからなくても
K-POPって理解しやすいんですよね。

韓国語が分からない外国人目線で見ても
受ける曲を書こうと思うと
イメージしやすいんです。

J-POPと比較するとしたら、もし、自分が欧米人だったとして
すごく共感できる日本語の歌詞が乗りそうなを書けって言われても
結構、イメージするのが難しいと思うんですね。

だけど、K-POPの場合は
誰が聞いてもK-POPのまま人気が出る。
一緒に口ずさみたくなるとか
そういったポイントがあるから、
外国人目線で見ても
理解しやすい部分がすごくあると思います

もうひとつは、音楽業界自体の方向性の違いなのかもしれませんが、
プロモーションにおける楽曲の比重が
日本よりも高いと思います。

タイアップよりも楽曲同士の戦いみたいな(笑)

日本って「このタイアップ取れてこそプロモーション」みたいなところがあるけど、
K-POPは、アイドル達の競争という側面もあるんです。
毎週、音楽番組で誰が1位を取るか
この曲で初めて1位を取ったとか、そういうことが話題にもなります。

なので、「タイアップを取る、取らない」ということよりも
楽曲と彼らの歌唱やダンスという
ガチの争いが、トップアイドルの場所でもずっと続いているんですね。
すると、自ずと楽曲のレベルが高くならざるを得ないんです。

J-POPのマーケット戦略とは少し違いますよね

国内の需要でマーケットが成り立つビジネスモデルなのか
国内だけじゃ足らないという前提で
始めるのかっていうところかなって思います

J-POPにも楽曲提供をされていますが、K-POPの仕事をするようになって変化はありました?

元に戻るんですけど、
ルーツがないので・・
常に音楽性は変わっていってるので、

J-POP、K-POPに楽曲提供するためには
自分が変わっていかないと・・・

死ぬ
というプレッシャーだけが恒常的にあります(笑)
あとは、変わっていかないといけない立ち位置にいるっていうのもあるけど

たぶん、自分が得意だったりとか好きなところは
やっぱり時代感があって
今、なんか、聞いてて楽しいもの。
ミーハー魂ってあるかもしれない。

今でも、朝起きて
最近はまっているのが
最近の若いアメリカのシンガーソングライターのインタビュー動画見るという

それが、今の、マイブームですか?

はまってますね。
単純に、自分をアップデートさせたい!
ミーハーなんですけど、

まあ、なんかこうなんだろう・・・
理想としては、その若いシンガーソングライター達が
自分のルームメイトだったりしたら
凄い刺激があって楽しいんだろうなーと思うけど、
現実では今、日本で一人暮らししてるので、

じゃあ、インタビュー動画でも流しながら
お掃除して、食器も洗って
ルームメイトが横で勝手にしゃっべっているのを聞いている雰囲気を作り出してます。

夢を現実にしていくのは、努力のたまもの

今のMayuさんの夢というか野望は何ですか?

今、少し、違う形で叶ったんですけど
アメリカのエンタメに憧れたというのが
元々のスタートだったんです。
最初は映画で、
でも、映画作るお金はうち家にないなーとあきらめて
音楽に至るんですけど(笑)

まあ、その、映画とかアメリカのテレビドラマに使われるような曲を作りたい
っていうのが昔から変わっていなくて
今年、ウィル・スミス主演の映画「スパイズ・イン・ディスガイズ」で
TWICEに書いた「KNOCK KNOCK」がその映画で使われて

自分の書いた曲がアメリカのエンタメに使われる喜びがすごくありましたね!
映画とかドラマで使われる曲を書きたいなーっていう思いはあります!

そこは、やっぱり、アメリカを意識しています?

勿論
日本とアメリカでは、ドラマでも音楽の使われ方が違うのですが、アメリカの使い方の方が個人的には好きです。

韓国の方がアメリカに近い使われ方をしていると思うので、”24 Hours”もドラマの挿入歌になったのかもしれないです。

自分で歌わなくても、プロデュース側に回っても全然okという感じですか?

自分のオリジナル曲でもいいし、楽曲提供でも同じです(笑)

そりゃ、自分の曲で自分の声で流れたら嬉しいですし
それを別のアーティストが歌ってても
また、同様に嬉しいんです。
そこは、あまり気にならないところかもしれないです

セルフカバーって考えたりしてます?

いあー、それはちょっと(笑)
自分でセルフカバーしたいと思う曲が少なくて

少ないんですか?いい曲いっぱいあるのに

それは曲がいいとか悪いとかじゃなくて
例えばTWICEに楽曲提供した曲というのは
TWICEが歌って一番いいもので
私が一人で歌っても、素敵な歌にならないんです。

という気持ちで作っているので、
あんまりセルフカバーをしたいと思わないんですよね。

彼女達に歌って貰えることが喜びなので

あと、息継ぎがしんどい!!(笑)
9人分だから(笑)

そうれはそうですね(笑)

楽曲提供するようになって、Mayuさん自身にも変化が起きたってことですよね?

そうですね
自分自身を常にアップデートさせていかないと
コンペで採用されないですから。 自分自身がアップデートできる理由っていうのが
たぶん、一緒に仕事している人達と仲が良くって
その仕事が楽しいっていうのが、大きいかもしれないです

一緒に仕事してる人達が好きだから、
彼らに対してできる自分が持っているスキルで
今までなかった新しいものを作って
みんなを驚かせて
みんなに喜んでもらいたい、
というのがアップデートの原動力です。

楽曲制作で気を付けていることは?詩が先に出てくる?曲ですか?

自分のオリジナル曲を作るときは全部同時です。
音楽って、詩にメロディーが乗ったものだから、
それが同時に起こることが一番いいんですよ。
自分で言いたいことがメロディーとして出てくる時が
一番好きな曲ができる時です。

なるほどです、愚問でしたね

最近、気になるアーティストはいますか?

Lauvが好きでやばい(笑)
一番はまってます
こういうアルバム作りたかったんだろうなー
というのが感じれて、はまってます!

 interviewから見えてきたものとは

10代で、自分の人生設計をビジョンとして見ることができるなんて
普通の若い子にはできない
一言で、言えば・・
大人だ

しかも、彼女は10代ですでに
自分を第三者目線で見れている
そして、冷静に自己分析ができている

私の10代は、就職のこととか、少しは頭の片隅に置いていたけど
それより、受験から解放されたことで
遊ぶことしか考えていなかった
やはり、彼女は、ただものではない
そして、彼女の未来予想図は、恐ろしく冷静で的確だ

インタビューを聴いてお気づきだろうか
彼女の人生には「たまたま」は実はないのです
常に、自分がいる状況を現実的に見ることができているからこそ
いい流れを見つけると、それを自分の力で引き寄せている

今の自分がどんな状況にいるのか、どのレベルにいるのか
自分自身で判断ができて、足りないスキルを身に着ける努力を惜しまない
天才が努力すると凡人には想像がつかないレベルになってしまう
だからこそ、人を感動させるものを作り出せる

もしかしたら、誰よりも、彼女は
今、音楽を楽しんでいるのかもしれない

そして、自分がアップデートすることを忘れない
強い心も持っている

もちろん、「24hours」も大好きだが
TWICEに書いた、「What You Waiting For」が
私は一番のお気に入り

2019年、BTSが遂にアメリカの高くて、固い扉をこじ開けたのは
あなたもご存じだと思いますが
それは、A-POP(アジアの音楽)のレベルがここ10年で
恐ろしいスピードで上がったからだと、私は思う

その先頭を行くK-POPが
アジアの音楽レベルを引き上げた
と言っても過言ではない
もちろん、J-POPでも、ONE OK ROCKを筆頭にグローバルに
活躍するアーティストも出てきている

しかし、Mayu Wakisakaの目にはもっと先が
きっと見えている

この取材で、私が一番に印象に残った彼女の言葉は
「チャンスを掴んだ時に、その用意ができているかどうかが大事」
たまたまとか、そういう流れだったとか、運だとか
そんなものは現実にはそうそう起きない
やはり、日頃の努力や向上心が
いざという時に武器になる

そんな武器を懐に隠し持っている彼女が
コンペでBTSの曲を書くことになれば
日本人で一番、グラミー賞に近いアーティストになるかもしれない

今日も彼女の曲で
世界は圧倒的にハッピーになる

Mayu Wakisaka 最新情報!!

なんと!!
そんなMayu Wakisakaさん、
現在カバーアルバムの制作に取り掛かっています。
アルバム完成が待ち遠しい!
第一弾、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」をHIp Hop風にアレンジした”Nutcracker”!が
YouTubeで観れます!

Mayu Wakisaka – Nutcracker (feat.Joe Ryan III)

更に先日、K-POPのガールズグループ「OH MY GIRL」のニューアルバムに、
「Floower Tea」というバラードを楽曲提供。
OH MY GIRLも見事カムバックで5冠を達成!!
めちゃめちゃ、いい曲です!
是非、聞いてみてください!

LINK

Special thanks to
Makiko.k
Ayako.f
Katsumasa.I

bigakobo

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる